冷めたおかゆで乾杯

welcome!! please,take your time.

オレオと牛乳 ♪Cults

 

1.オレオと牛乳

 最近、オレオといえば、ヤマザキナビスコが販売終了を発表したことで世間を騒がせたが、販売会社は変われど現在コンビニでも並んでいるのを見かける。以前私も食べたことがあるのだが、やはり味は劣る・・・。しかしなくなったものはしょうがない。

 

 オレオにもさまざまな食べ方がある。特に私が好きなのは、牛乳に浸して食べるオレオ!譲れないこだわりに、「10秒間浸す」ということ。十分に牛乳を吸ったオレオは、ふにゃんと柔らかく、口の中でビターココアとクリームが程よく混ざり合う。それが私にとって一番おいしいオレオ。そのひと時が、ほんとに幸せ。

 

2.Cults

 そんなオレオを食べながらでも、Cults‐High Road を聴いてみてはいかがだろうか。

すべてモノクロのPVで、音楽もだがかなりハイセンス。

youtu.be

 

 Cults-High Road は、Cultsのプレイリストの中でも独特な曲。その他の曲を挙げるとしたら、Go outside(2011) や、I can hardly make you mine(2013)など明るめのポップでどこかドリーミーな雰囲気が強い。しかしこの曲はCultsのドリーミーな曲の中に隠れるミステリアスな雰囲気を凝縮した曲といえる。このミステリアスさが癖になる。

 Cultsの特徴として、他にはないボーカルの声がこの独特な曲調を引き出しているのかもしれない。また、わざとなのか二人とも髪型が7:3ロングなのも面白い。

 

 ぜひ、夜にオレオとともに聴いていただきたい。